三澤経営センター 宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所

宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所の三澤経営センター。東北・宮城・仙台での経営相談はお任せください。

社長のための経営講座

第83回 「成長する会社」

アベノミクスの3本の矢、「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」の一つであります「成長戦略」は、国の経済と同じく会社経営にも必要とされるものです。

会社は、多くの従業員を雇用し国の経済の一翼を担っていますので、継続して成長し続けなければならないからです。成長せず売上高が現状維持もしくは減少という会社は、人材、商品開発、設備更新のための財務基盤が充分とは言えず、成長ではなく衰退へと向かっているということになります。

成長する会社は、あらゆる業種の如何を問わず、次の3つの条件を備えて経営している会社と言えます。

  1. 経営理念があり、実践されていること
  2. 付加価値のある事業を展開していること
  3. 人材教育に熱心であること

経営理念は、会社の存立と活動の基盤となるフィロソフィです。どのような商品やサービスをどのように提供し、従業員と社会にどのように貢献する会社にするのかという大義名分です。安倍政権は、「国民の生命と財産を守り、誇りを持ち活力のある国にする」という明確な理念を立てました。党の綱領さえもない民主党政権では、日本をどのような国にしたいのか不明であり間違った政策決定をしてしまい、国民の支持は得られませんでした。

付加価値のある事業を展開している会社は、会計がしっかりしていて利益目標計画を立てている会社でもあります。「売上は最大限に、経費は最小限に」「値決めはトップの仕事」という経営方針のもと、差別化出来る商品、サービスを提供し続けられる会社ということです。 他と差別化出来る魅力のある商品・サービスを提供出来る会社は、顧客の支持を受けることは間違いありません。

人材教育に熱心な会社は、経営者・従業員が共に学び続ける会社ということです。成長する会社は、経営者と従業員の一人一人が成長している会社と言えます。会社の活力の源泉は、経営者と従業員の成長意欲と改良・改善意欲ですから、素直に学び続ける機会を持ち続けなければなりません。人材教育は、会社のみなさんでセミナーを受けて勉強するということだけでなく、仕事をしている現場での学びも含まれます。顧客開発、商品・サービス開発、営業戦略、経営管理、把握力、法律・税務などの会社の成長・発展するための学びは、全てこの人材教育から生まれます。

代表取締役・公認会計士
三澤 壯義

経営に関するすべての悩み・ご相談を受け付けております。 022-262-4554