三澤経営センター 宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所

宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所の三澤経営センター。東北・宮城・仙台での経営相談はお任せください。

経営コンサルティング

課長職が真のリーダーシップを身に付けるために

課長職が果たすべき役割とは、定められた目標の達成に向けて、会社の全体最適を考えながら部下を率いて業務を遂行し成果を出すことです。このこと自体はいまも昔も変わりはありません。

しかし、バブルが崩壊した1990年代前半を境に事業環境は大きく変化しています。以前は、右肩上がりの業績アップが望めたなかで、過去のトレンドをもとに立てた計画に基づき物事を進めることが重要であり、課長にとっては計画管理が最も大切な役割でした。ところがバブル崩壊以降は、短期的はともかく中長期の計画を立てても予測通りになるとは限らなくなったのです。

したがって、課長は、短期的には計画に基づいた業務管理を日々進める一方で、中長期的にはさまざま変化を察知し、業務上の問題点や課題を自ら見つけ出し、新たな目標を定め、上司や部下ら他者を巻き込んで変革を進めていく必要があります。

日々の業務のなかから問題点を発見し、将来の方向性を見出す思考を巡らせて、自ら率先して新たな事業戦略や業務改善策を会社に提案していく。さらに、その戦略や改善策を成功させるために、コミュニケーションの手法を活用し、部下やメンバー一人ひとりの特性や性格に応じて人間関係を構築する。容易ではありませんが、「それこそがいまの課長職に求められているのだ」と課長自らが気づかなければ、事態は打開できないでしょう。ここで大切なのは、いかに彼らがその現実を腹の底から理解し、納得できるかです。頭の理解だけだと、「分かっているけどできない」にとどまり、行動に至りません。どんな組織でも周囲を見回せばうまくいっていない例はあります。納得してもらうためには、そうした例を客観的に分析することで、いま自分の職場ですべきことを見つけられるよう、手助けする必要があります。

企業が組織を活性化させて収益を高めていくためには、課長が任務遂行に向けてリーダーシップを発揮することが欠かせませんが、経営陣が事業環境や人間関係の変化を理解したうえで、課長を積極的にサポートすることもとても重要です。

一般的に、人材育成は「人事部門の仕事」と思われがちですが、課長の育成は、経営陣の重要な仕事の一つです。こうした取り組みは、いずれは役員や経営者となるべき人材を育てることにもつながっていくはずです。

(出所:SMBCマネジメント+7月号 有限会社ILD 代表 大島洋氏 記事より抜粋)

経営に関するすべての悩み・ご相談を受け付けております。 022-262-4554