三澤経営センター 宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所

宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所の三澤経営センター。東北・宮城・仙台での経営相談はお任せください。

法律関係

マイカー使用事故と会社の責任

会社が社員の通勤用にマイカーを使用することを認める場合があります。このマイカーが業務上使用されることを会社が認めたり、黙認している場合、会社は業務上の事故はもちろん、通勤途上の事故でさえも責任を問われることがあることはご承知のことと思います。マイカーにまつわる実際にあった悲劇をご紹介しましょう。

ある会社がマイカー通勤を認めていました。しかし、社用の使用は厳禁していましたが、ある社員が、たまたま仕事に使う物品がないことに気づき、倉庫に取りに行くため、すぐ近くだからと油断してマイカーを使用したところ人身事故を起こしてしまいました。この車に自動車保険が掛けてあればさして問題はありませんでした。ところがどうしたことか、社員は、自動車保険の更新手続を失念していたため、保険会社から弁償してもらうことはできませんでした。もっとも無保険車でも政府補償による賠償はなされましたが、後遺障害が重大であったため、到底その金額では賄いきれず、被害者は会社を相手に訴訟を起こしてきました。業務中の事故であるため会社は責任を逃れることはできません。仕方なく何千万円を支払うことで和解せざるを得ませんでした。その後、この賠償金を社員に求償するため訴訟を起こしたものの、裁判所は、従業員が起こした事故ですので何千万円もの金額の支払いを容易に認めてくれるわけではありません。ましてやこの社員にそれ程の金額を支払える資力があるわけでもありませんので、結局すずめの涙ほどの和解金を支払ってもらうことで解決せざるを得ませんでした。

この会社は何千万円もの賠償金を支払っても何とかやり繰りできましたが、この様な悲劇を生まないためには、やむなくマイカー出勤を認めざるを得ない時でも、業務上の使用を一切禁じて厳守させるとともに、安全運転の指導や自動車保険の加入の有無なども含め車の管理、監視を欠かさないことも必要でしょう。

弁護士 浅野 孝雄

経営に関するすべての悩み・ご相談を受け付けております。 022-262-4554