三澤経営センター 宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所

宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所の三澤経営センター。東北・宮城・仙台での経営相談はお任せください。

社長のための経営講座

第92回 中国経済破綻のはじまり

中国情報の専門家の石 平氏が10月14日、仙台に来られ「中国の政治経済情勢と今後の行方」と題して講話をされました。四川省成都市生まれ、文化大革命により幼少期に両親が大学教授の職を追われ、農場に下放されて悲惨な生活を送ったようです。北京大学の哲学部を優秀な成績で卒業していますので、中国で活躍していれば中国共産党の幹部になっていたと思われます。1988年日本に留学、中国政府の矛盾を感じ日本の素晴らしさを認識して、2007年に日本国籍を取得しています。現在の日本で中国の政治・経済情勢に一番詳しい方だと思います。
 
先週、中国の第3四半期の経済成長率が6.9%と発表されました。しかし実質的には1~2%もしくはマイナス成長が良いところではないかということです。中国のGDPを見ますと、個人消費が35%、総固定資本形成47%、政府最終消費支出13%、輸出-輸入4%となっています。総固定資本形成は、政府の公共投資と企業・個人の設備・不動産への投資です。中国のGDPの特徴は、個人消費が先進国の60%前後にほど遠く経済が成熟していないことと、公共投資、不動産投資と国営企業の生産に異常に片寄っているということです。低賃金・低価格による製品の輸出による対外経済依存型経済ということも特徴です。

公共投資の代表格が日本の技術を利用し、中央政府の号令により全国に構築された新幹線網です。乗車率の低さに悩まされ赤字経営は周知の事実のようです。利用の不便さと一人当たりGDPが世界100位にも入っていないため、運賃が高過ぎて乗れない人が大勢いるというのが本当の理由のようです。地方政府が土地の使用権を売却したディベロッパー会社が、シャドーバンキングの資金で開発する不動産投資は、2013年に北京での分譲価額が東京の分譲価額を超えました。2014年の2月、杭州で分譲マンションの値段が2割近く下落したことで、全国の都市で値下がりが連鎖しており、新しく作った町全体がゴーストタウンになっている所もあるようです。シャドーバンキングに投資している個人のお金が不良債権となりデフォルト(返済不能)になるところが出てきました。

日本の7倍、8億トンの生産量を誇るこれまた国有企業の鉄鋼は、余剰在庫が3億トンありEUの生産量の2倍の規模だそうです。東南アジアへのダンピング輸出でタイの大手鉄鋼メーカーが破綻しています。第3四半期の輸入は、前年同月比20.4%の減少でした。9月まで11ヶ月連続で前年水準を下回っており、国内生産の低迷が鮮明になっております。経済減速を覆い隠すため金融緩和政策により株式市場に個人投資家を呼び入れて、官製相場を作り上海市場は熱気を帯びていましたが、今年6月40%値下がりしました。過剰流動性は、インフレによる人件費上昇をもたらし、政府による最低賃金額引き上げもあり、製造業での賃金はこの10年間で4倍に上昇したそうです。賃金上昇による外資企業の中国撤退で失業が拡大する傾向にもあり、GDPの35%を占める個人消費を更に押し下げてしまいます。

中国のGDPは、政府と共産党が主導して約6割を創出しているという情況は異常であり、いままでの経済の高循環の仕組みが空回り始めているようです。ここ1~2年で中国の経済は、不動産バブルの破裂から確実に破綻に向かっていくと思われます。

経営に関するすべての悩み・ご相談を受け付けております。 022-262-4554