三澤経営センター 宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所

宮城県仙台市の会計事務所 公認会計士事務所の三澤経営センター。東北・宮城・仙台での経営相談はお任せください。

税の動き

株主リストと特定有限会社

10月1日以降、株式会社等の登記申請に際して、一定の場合“株主リスト”の添付が必要となった。これは「特例有限会社」についても同様となるため留意したい。
“株主リスト”の添付は、商業登記規則の改正により、役員の変更登記の申請等「登記すべき事項につき株主総会の決議を要する場合」などに義務付けられることとなったもの。そして既報の通り、“株主リスト”はは一定の要件を満たした場合、法人税申告書別表二「同族会社等の判定に関する明細書」を利用して作成することができる。

この“株主リスト”の添付について、「特定有限会社」の取扱いを疑問に思う向きもあるが、これは株式会社と同様になる。「特例有限会社」は、平成18年の「会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」施行により、会社法に規定する株式会社として存続することとされており、法律上は株式会社となるからだ。
従って「特例有限会社」についても、同様に一定の場合“株主リスト”の添付が義務付けられる。また、一定の要件を満たした場合、同様に、法人税申告書別表二「同族会社等の判定に関する明細書」を利用して“株主リスト”を作成することができる。

ただし、「特例有限会社」が別表二を利用して“株主リスト”を作成する場合、明細書の「発行済株式の総数又は出資の総額」欄の記載には留意したい。同欄に、発行済株式総数が記載されていない場合、別表二は利用できないからだ。整備法の施行により、特例有限会社の発行済株式総数は、旧有限会社の資本の総額を出資一口の金額で除した数とされたが、別表二の記載はそのままというケースもあるという。
適正な“株主リスト”の添付がない場合、登記申請の却下事由に該当し、登記申請が却下されることが考えられるため気をつけたい。

(出所:税務通信10/31号より抜粋)

経営に関するすべての悩み・ご相談を受け付けております。 022-262-4554